フューネラルリビング小平

空間演出 カーネーション

カーネーションをモチーフとして、フューネラルリビング全体の演出を行ないます。

故人らしさと、送る人たちの気持ちを最も表現する場所が、棺が安置される葬送の空間です。
ここを中心とした空間演出に、その方にふさわしい花を用います。
選ばれた花による統一イメージの演出は、エントランスから始まり、室内の廊下壁面、飾り棚、ダイニングテーブルなどから葬送の空間へと至ります。

価格

(料理・車両代・式場使用料・火葬場費用・寺院へのお布施等は含みません)

  • 花で飾って、美しく送ってあげたいという気持ちを込めて空間演出いたします。
  • カーネーションには、可憐でやさしいイメージがあり、お別れの空間演出に最適です。
  • カーネーションの花言葉は、「愛」や「情熱」。白いカーネーションでは「私の愛は生きています」。
  • 花言葉からも、お別れの時間にふさわしいものであるとおわかりいただけるかと思います。

※下記画像をクリックすると拡大画像が見られます。

棺まわりの装飾
たくさんのカーネーションが棺を包むように覆い、その先には花のアーチを設けています。
まさに、花の庭園で眠りにつくイメージです。
葬送の空間の演出
「私の愛は生きている」という花言葉を持っている白いカーネーションを献花やリース、花額にも用い、送る方の想いを表現しました。
  • 葬送の空間の壁面
    カーネーションの花額とアレンジメントをテーブル上に飾りました。
  • 飾り棚の演出
    思い出の写真などを、カーネーションが縁取ります。
    テーブルフラワー
    ダイニングテーブルもカーネーションで飾ります。
  • 飾り棚の演出
    室内にいくつかある飾り棚にも、カーネーションを用いた統一イメージを施すことができます。